入院される方へ

入院医療費について

当院はDPC対象病院です。

当院は、平成21年7月1日より一般病棟(南3〜4階)に入院される患者様については「診断群分類別包括評価方式(DPC)」という新しい医療費計算方式になっております。
※患者様の保健医療に係わる一部負担金の支払い方法は今までどおりで月ごとのお支払い(退院の時は退院日)は変わりません。高額療養費制度の取り扱いも従来どおりです。

DPCとは?

診療行為ごとに料金を計算する従来の「出来高払い方式」とは異なり、入院される患者様の病気や診療内容に応じてあらかじめ定められた1日あたりの医療費をもとに、入院医療費を計算する新しい方式です。

今までの計算方法とDPCの違い

DPCでは、入院基本料・検査料・投薬量・注射料・レントゲン料等は入院1日当たりの定額医療費に包括されますが、手術・リハビリ・検査の一部(胃カメラ等)は従来の「出来高払い」で計算されます。

DPCによる計算方法:包括分×入院日数分+出来高分→入院診療費

DPCに関するQ&A

全ての患者がDPCの対象となるんですか?
DPCでは、入院基本料・検査料・投薬量・注射料・レントゲン料等は入院1日当たりの定額医療費に包括されますが、手術・リハビリ・検査の一部(胃カメラ等)は従来の「出来高払い」で計算されます。
DPCになると医療費は出来高より安くなりますか?
患者様の病気の種類と診療内容によって1日の医療費が決まります。
よって、高くなることもあれば安くなることもあるのです。
病院の機能により厚生省が決定した係数があるため、同じ病気で他の病院へ入院されても医療費は若干異なります。
高額療養費の扱いはどうなりますか?
高額療養費の取り扱いは従来通りの扱いとなります。

診療科のご案内

関連部門のご案内

  • 検診・ドックのご案内
  • リハビリテーションを私たちがサポートします。
  • 緩和ケア外来のご紹介
  • 当院は(財)日本医療機能評価機構認定病院です
  • 入院医療費について(DPC制度)
  • 採用情報
  • 関連施設

このページのTOPへ