診療科のご案内

麻酔科

当科では手術中の全身麻酔・神経ブロックの他、救急外来での救命救急処置、病棟でのペインクリニックやペインコントロール、在宅および病棟での緩和医療(がん患者の痛みを含む苦痛緩和のための治療)と「がんの痛み外来」をおこなっています。


麻酔科医長
高橋稔之より

医長のニックネーム

としまろ

医長の健康法

マラソン・寝る前の一杯

医長の所属学会・業績等

  • 日本麻酔科学会認定麻酔科専門医・指導医
  • 日本緩和医療学会暫定指導医
  • 日本救急医学会認定ICLSインストラクター
  • AHA認定ACLSインストラクター
  • 日本ペインクリニック学会会員
  • 日本死の臨床研究会会員
  • 日本透析医学会会員
  • Society for Neuroscience(北米神経学会)
  • American Society of Anesthesiologists (北米麻酔科学会)
  • International Anesthesia Research Society
  • 2004年 北海道麻酔科学会若手奨励賞受賞
  • 2005年 北海道麻酔科学会優秀賞受賞

診察の際どのようなことを大切にされていますか

やさしく丁寧に話すことで、患者さんや家族に安心していただこうと努力しています。

麻酔科のほかの病院との違いは?

手術麻酔・緩和医療・がんの痛み外来・ICU・救急・ペイン・といった幅広い分野を手掛けています。

患者様へメッセージ

まだまだ発展途上ですが、最新・最先端の麻酔科医療をこの地域でも提供できるよう、常に診療・研究・研鑽をおこなっています。また国内や海外での学会発表・研究論文発表等も積極的に行っております。
麻酔科はあまり表だって活躍することが少ない科ですが、病院の縁の下の力持ちとして日々診療を行っております。宜しくお願い致します。

治療の対象になる病名

  • 当院での手術適応となる疾患ほぼ全て
  • がんの痛みをはじめとする、がんによる様々な症状の緩和(緩和ケア外来のご紹介
  • ショックや心肺停止を引き起こす救急疾患
  • その他痛みを惹起する各種疾患

可能な治療方法・治療機器

  • 完全静脈麻酔法(TIVA:Total Intravenous Anesthesia)および吸入麻酔薬導入維持法(VIMA:Volatile Induction and Maintenance of Anesthesia)による全身麻酔
  • 目標制御注入法(TCI:Target-Controlled Infusion)を用いた全身麻酔管理
  • 患者調節鎮痛(PCA:Patient Controlled Analgesia)による術後鎮痛・各種ペインコントロール
  • 持続皮下注入法による疼痛管理
  • 各種神経ブロック
  • 強オピオイド(医療用麻薬)使用患者の在宅管理・緩和ケア…など

このページのTOPへ