診療科のご案内

脳神経外科

日本脳神経外科学会では、脳神経外科とは脳、脊髄、末梢神経を含むすべての神経系およびそれらに関連する骨、筋肉、血管などの疾患の予防、診断、手術を含む総合医療、リハビリテーションなどに積極的に関与する医療専門領域と定義されています。


脳神経外科医長

医長の健康法

マラソン・ウェイトトレーニング・スイミング

医長の所属学会・業績等

  • 日本脳神経外科学会認定専門医・指導医
  • 医学博士
  • 日本脊髄外科学会認定医

 診察の際どのようなことを大切にされていますか

患者さんの訴えに耳を傾け、原因を究明し、ニーズに応じた医療を提供できるように心がけています。

脳神経外科のほかの病院との違いは?

当院では急性期病床、回復期リハビリ病床、療養病床を備えており、治療の途中でリハビリ目的で転院いただく必要はありません。入院から退院まで一貫した医療を行うことができます。
宮崎大学脳神経外科と密接なつながりがあり、より高度な医療が必要な場合には大学病院への紹介、応援医の派遣依頼も行なっております。日本麻酔科学会専門医も常駐しており、緊急手術への対応はスムーズかつ安全に行なうことができます。
県北地域で脳動脈瘤や頭蓋内血管狭窄症、頸動脈狭窄症に対して血管内治療ができる数少ない病院の一つです。

治療の対象になる病名

  1. 脳血管障害(脳出血、脳梗塞、クモ膜下出血など)
  2. 脳腫瘍、脊髄腫瘍(放射線、化学療法が必要となる場合には大学病院を紹介することがあります)
  3. 頭部外傷(急性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫、脳挫傷など)
  4. 機能的疾患(三叉神経痛、片側顔面痙攣、水頭症、てんかんなど)
  5. 脊椎疾患(変形性頚椎症、変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症など)

可能な治療方法

  • 開頭術(クリッピング術、腫瘍摘出術、血管吻合術、血腫除去術、神経血管減圧術など)
  • 穿頭術(ドレナージ、脳室・腹腔短絡術など)
  • 血管内治療(脳動脈瘤コイル塞栓術、経皮的血管形成術、頸動脈ステント留置術など)
  • 脊椎手術(頸椎前方固定術、頸椎椎弓形成術、脊柱後方固定術、腰椎椎弓切除術)
  • 頸動脈狭窄症に対する内膜剥離術(CEA)など

このページのTOPへ