関連部門のご案内

栄養管理科

治療の一環として患者さんの気持ちに寄り添った食事提供、普段の生活の中で出来る栄養指導を行ない、健全な食習慣作りのお手伝いをしています。

業務内容

栄養管理

 入院患者さんの栄養状態、病気の症状に応じて、必要なエネルギーや栄養素の量を管理して

 います。

食事管理

 医師の食事箋に基づいた食事提供を行っています。

 嚥下・咀嚼能力に応じて、個々の患者さんごとに食事内容の見直しを随時行っています。

 食事提供は外部委託となっており、食事の質向上を図る目的で、委託業者との調整会議を毎月

 行っています。

衛生管理

 安全な食事提供のために、調理に携わる人・食品・施設の衛生管理に努めています。

入院・外来栄養指導

 生活習慣病の予防や、病気を治療するうえで望ましい食習慣をもつために、正しい栄養情報を

 提供しています。

 何をどのくらい食べたらよいか、調理の工夫などについて、患者さんの生活スタイルに合わせ

 た指導を行っています。

食事管理委員会の開催

 栄養管理業務の合理化と、食事の質向上を図り喫食効果を高めるため、食事管理委員会を開催

 しています。

各種委員会等への参加

 チーム医療として多職種カンファレンス、緩和ケアカンファレンス、褥瘡対策委員会、院内

 感染対策委員会、医療安全管理委員会、NST委員会に参加し活動しています。

スープ提供

 料理研究家の辰巳芳子先生が考案された「いのちを支えるスープ」を、辰巳芳子先生の1番

 弟子であり、湯布院温泉の名宿で料理長をされていた山本照幸氏に指導を頂き、病棟ごとに

 月1回提供しています。

このページのTOPへ