関連部門のご案内

看護部

看護部は、病棟部門4単位・集中治療室・外来・手術・訪問看護部門からなっています。
24時間、患者さまに一番近い存在として、患者さまとそのご家族の気持ちに寄り添ってやさしさのある看護を目指しています。

看護部の理念

私たちは、地域社会の要請(ニーズ)に応じ良質の看護・介護を提供します。
『人と人のふれあい』を大切に、誇りと責任を持ち、安全で安楽な看護・介護をめざします。


看護部 看護部の教育システム 看護部 外来 看護部 透析 看護部 手術室 看護部 急性期病棟 看護部 回復期リハビリ病棟 看護部 療養病棟 看護部 地域包括ケア病棟 看護部 管理室

看護部長あいさつ

看護部長 黒木 雅代
看護部長
黒木 雅代

「連携」という文字を目にすることが多くなりました。 院内、院外を問わず、多職種と共同で1人の患者様について会議を開くことが増えています。私は、病棟管理者の時代に入院から退院まで、時には在宅での生活支援のためにご家族と何度も打ち合わせをしていました。行政の方と時間外に連絡を取り合ったこともあります。そのような時、「調整役」がいればと思うことが度々ありました。

老人保健施設に異動して、この思いは更に強くなりました。再び病院外来へ異動した機会に、社会福祉士と共に地域連携室を立ち上げました。それから10年以上経過した現在、日常の中で「連携」は稼動しています。それぞれの職種が役割を持ち、患者様に関わっています。形は整ってきたと思います。今度は、中身の充実が課題です。

医療安全・感染対策・褥瘡対策・退院支援、更に平成28年度からは認知症対策に、看護職がリーダーシップを発揮できるよう、人材育成に力を入れています。 短い入院期間の中で、患者様の在宅生活を支えるプラン作成は、これらの専門的視野を持った看護職の参加が必要です。

私たちの理念「私たちは、地域社会の要請(ニーズ)に応じ、良質な看護・介護を提供致します」に忠実に、看護活動を医療施設から地域へ拡大していきます。

そのためにも、地域の関係機関とタイムリーに連携できる看護部の人材育成は重要です。 「地域包括ケアシステム」の構築に向けて、「地域の中で頼りになる看護職・介護職」を育てていく事を当面の目標を考えます。

このページのTOPへ