関連部門のご案内

臨床薬剤科(薬剤部)

患者さんが安心して治療を受けて頂くために薬剤部では、様々な業務をおこなっています。

業務内容

調剤業務

医師の処方箋に基づき、処方内容(用法容量、相互作用、重複薬の有無など)の確認を行い、

調剤・監査を行います。院内は、基本的に一包化調剤をしています。外来患者さんの処方は、

原則、院外処方箋を発行しています。

薬剤管理指導業務

入院してこられる患者さんの服薬歴やアレルギー歴などの確認を行います。

また、ベッドサイドにて薬の使用方法や飲み方、効果の確認、副作用が出ていないかなどの

確認を行います。

注射薬調製業務

薬剤部で行う注射薬の調製は、主に抗がん剤です。

抗がん剤は、調製者への暴露を防止するために安全キャビネットを用いて行っています。

また、それ以外でも調製時に注意が必要な薬剤については薬剤部で調製しています。

病棟業務

薬剤部で各病棟の担当を決めて、カンファレンスへ参加したり、医師の回診に同行したりして

他職種からの情報を集め適切な薬物療法が提供できるようにしています。

各種委員会への参加

医療安全管理委員会、院内感染対策委員会以外にもNST委員会、褥瘡対策委員会、

ケモカンファレンス、緩和ケアチーム、クリティカルパス委員会などにも参加しチーム医療

に取り組んでいます。

このページのTOPへ