関連部門のご案内

医療安全管理室

安全で良質な医療の提供は病院運営の最も重要な課題の一つです。
和田病院では平成19年4月1日に医療安全管理室を設置し、安全に関する院内活動を通じ、医療安全の徹底に努めています。

基本理念

患者さまの人権を尊重し、安全で質の高い保険、医療、介護サービスを提供することにより、患者さまとそのご家族に信頼される医療機関を目指します。

業務内容

医療安全管理室は

  • 医療安全に関わる情報の管理に関すること
  • 医療安全対策の企画、立案及び実施に関すること
  • 医療安全に関して、各部門との連絡及び調整に関すること
  • 医療安全に関わる研修の企画及び実施に関すること
  • その他医療安全の業務全般に関すること

を担当しています。

医療安全の推進のために

1.医療安全管理指針
医療安全のために必要となる組織・体制などの環境整備等に関することなど、医療安 全を徹底する目的で策定しています。
2.医療安全マニュアル
医療事故・医療過誤を防止し、安全な医療体制を確立することを目的に「医療安全マ ニュアル」を策定しています。

具体的な活動

1.安全管理のための委員会の開催・運営
【構成メンバー】
委員会役員係氏名役職
医療安全管理委員長 和田 徹也 病院長
医療安全管理室室長 富山 由美 医療安全管理者
医療機器安全管理者 桑田 幸伸 臨床工学科長
医薬品安全管理者 松澤 伸治 薬剤部主任
医療安全推進委員 各部署の代表者16名  

安全対策を総合的に企画、実施するために医療安全管理委員会を月1回開催しています。また、各部署でのカンファレンスを随時行い、コンパクトに改善活動が実施できるよう取り組んでいます。さらに患者さまに一番近い存在の看護部では下部組織としてリスクマネージメント委員会を組織し、現場に即した改善策を検討しています。

2.研修会の開催
安全に関するテーマで年複数回の研修会を実施しています。患者さまに予期しない出来事が起きる前に、危険を察知し回避できる能力を高めるために、自施設作の動画を使った危険予知トレーニングを導入しています。
3.医療安全に関する相談窓口
医療安全に関する患者さまやご家族からの御相談をお受けしております。
御利用を希望される場合は、遠慮なく職員にお申し出下さい。

医療安全管理室室長
富山由美より

医療安全管理室室長 富山由美

お仕事上の喜び・ご苦労は?

喜びは多くの患者さまが、治療をうけ元気に退院してくださることです。また、患者さまに影響のない報告書が届き、その対策をたて アクシデントを未然に防止することができたとき、「報告書」を「宝告書」と思えるほど喜びを感じます。
苦労は・・・色々ありますが頑張ります!

ご自分の健康法について教えてください

よく食べ、よく寝て、よくしゃべり、よく笑う。
休日はスポーツ応援で大声を出し、太陽の光をサンサンと浴びる。
これが私の元気の源です。

このページのTOPへ