緩和ケア外来のご紹介

緩和ケアって何?

「緩和ケア」という言葉が最近色々な場面で使われるようになってきました。
なじみのない方も多いかもしれませんが、お聞きになったことはありますか?

「緩和ケア」とはがんになった患者さんを早い時期から、痛みや吐き気などのからだの症状を軽くし、心のつらさを和らげ、がんのために仕事が出来なくなったり、それによる経済的な問題といったことも相談し合いながら、がん患者さんを色々な角度から、家族やたくさんのスタッフで助け合って支え合う医療のことです。


日本ではまだ誤解が多いのですが、「緩和ケア」=「終末期医療」ではなく、がんのどの時期でも行われる医療です。
当院での緩和ケアも、患者さんの症状をコントロールしながら、患者さんご本人らしい生き方をするためのお手伝いをしています。

理想的な緩和医療モデル

 

 

このページのTOPへ